読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男だらけの理系学部で彼女いない歴=年齢だった私が、女の子に一切優しくせずにたった一ケ月で彼女ができリア充になれたずるい恋愛法

大学3年の21歳まで彼女が人生で彼女が一人もできたことがありませんでした。友達にはバカにされ後輩になめられ先輩に哀れみの目で見られていたそんな私ですが、あることがきっかけで女の子と出会い、彼女を作ることができました。その秘密をあなただけにお教えします。

ただ「うん、うん」と頷くだけで、女の子の下半身が湿り始めパンツに2cmくらいのシミができてしまう俺しか知らない秘密の方法

f:id:aikwill:20170419181512j:plain

つもブログをお読みくださり
ありがとうございます。
愛輝です。


今回は多くの男たちが
勘違いしている、
女の子たちの〇〇に
ついて話をしていきます。


これを知っておくとお得!
というか知っていれば、
どんどん女の子があなたの
周りに寄ってくるようになります。


人間的にも成長できて、
どんどん人が集まってくる。


その人が集まってくる
ことにより新しい女の子を
紹介されたり、友達づてに
また新しい子が紹介される


というように
どんどん好循環に
巡り会うことができます


逆にこの話を
しっかりと聞かなければ、
あなたは女の子から距離を
置かれてしまいます。


ただでさえ出会いの少ない
環境では数少ない女の子との出会い。


女の子の友達や、
友達からの紹介は
あなたにとって重要な
出会いの一つのはずです。


ですがその人たちが
あなたから遠ざかって
しまったらあなたは
女の子との出会いを失います


それくらい重要な話ですので、
しっかりと一字一句
読み飛ばさず読んでください。


女の子はたまに
男子に相談を持ちかけることがあります。


ここで多くの男たちは
ある勘違いを犯してしまいます。


男子は
女の子に相談された
→頼られてる
→期待に応えたい



こういった思考に陥ります。
実はこれ間違いなのです。


これの何がいけないのか。
それは男女間における、
感情の違いによる勘違い
なのです。


女の子は、
相談する=話を聞いて欲しい。


という感情があります。


男子は、
相談=解決する
という脳の仕組みを
して居ます。


この違いが
男女間の大きな溝
作り出してしまいます。


女の子は、
あなたに解決策は求めて居ません。


ただ話を聞いて欲しいだけ。
それだけなのです。


女の子は、
あなたが話を聞いてくれ
「うん、うん」と頷くだけで
満足します。


あなたは女の子に、
相談されるということを
想像しただけで


億劫に感じるかもしれません。


面倒に感じるかもしれません。


でもただ話を聞いてもらいたい
だけだという女の子の本質
知ってさえいれば、


そんなに苦ではないはずです。


もしここであなたが解決策を
提示し「正論」をいってしまったら、


女の子の感情を
逆なでしてしまうことに
なってしまいます


ただ話を聞いてもらいたい、
私の苦しみを理解して欲しい
だけなのに、


答えを話すあなたは、
正論を振りかざし
てくる私の敵」にしか
感じません。


ではどうすればいいのか?


簡単です。
うん、わかるよその気持ち


というような共感を表す言葉
はじめにつけるだけ。


ただそれだけでいいのです。
男だって少しくらいは
その気持ち理解して
あげることができるはずです。


男には包容力も大事。
〇〇ちゃんの気持ち
わかるよ。間違ってないよ。
ただ相手の人も〜〜って思うこともあるよね。


こんな風に。


自然にできるようになれば、
あなたの周りには自然に
女の子が集まってきます。


これをマスターするためには、時に多くの葛藤を経験する
ことになるかもしれません。


相手を頭から否定したくなる
かもしれません。


でもそんな葛藤を
何度も何度も経験して
ください。


それがあなたの経験値となり
あなたの人間性の成長へとも
繋がるのです。


==============
女子は共感。
==============


この言葉をしっかりと
胸に焼き付けましょう。


今回は以上です。
ありがとうございました。
愛輝