男だらけの理系学部で彼女いない歴=年齢だった私が、女の子に一切優しくせずにたった一ケ月で彼女ができリア充になれたずるい恋愛法

大学3年の21歳まで彼女が人生で彼女が一人もできたことがありませんでした。友達にはバカにされ後輩になめられ先輩に哀れみの目で見られていたそんな私ですが、あることがきっかけで女の子と出会い、彼女を作ることができました。その秘密をあなただけにお教えします。

1次方程式を解くくらい簡単に瞳を見つめるデータ構造。

つもブログを読んでいただき
本当にありがとうございます。

愛輝です。


f:id:aikwill:20170401194625j:plain



今回はあなたが悩んでいる
女の子の目を見る
コミュニケーション法について
詳しく解説していきます。


この方法を知らないままだと
あなたは一生女の子の目を見て
話すことができません


「別に目を見なくても話はできるし」


あなたはそんな風に思っていませんか?
しかし、この目を見て話すというのは
コミュニケーションにおいて
女の子との関係を築いていくのに


最重要項目の1つなのです。



目を見てコミュニケーションするか
できないのかでは、
今後その女の子との関係を


発展させ更には恋人までに
いけるかどうか。


かなりの確率で違ってきます



なので是非とも、
今日はこれを心得てください。


目を見て話すことの重要性はわかったけど
やっぱり恥ずかしい
そうあなたは思っているのではないですか?


気持ちは痛いほどわかります。
私も以前は人と目を見て話をするなんて
顔から火が吹きそう!



そう思っていたからです。
しかし今はあることを意識して
目を見て話をしていたら


なんと人と目を見て話すのに
恥ずかしさといった抵抗が
一切なくなったのです。


今までただの童貞で
大学内のカップルを羨み
家で一人でシコシコと
していた隠キャの私からは


とてもじゃないが想像できないことです。


その方法をあなたにだけ
特別にお教えします。


目を見て話せるようになる方法には
主に二つの方法があります。


1つ目。
それは植物や動物を観察する感覚で、
目を見つめることです。


これはどういうことかと言いますと、
例えばアサガオを観察するところを
想像してください。


アサガオを観察する時、
花の色。花弁の大きさ。色などを
意識しながら観察しますよね?


このように観察するのでは
緊張もしないし、
そもそも緊張や恥ずかしさ
などといった感情は一切ありません。


全てはあなたの好奇心で
全ての感情は動いています。


これと同じことを
目を見て話すようにすればいいのです。


相手の瞳はどんな色をしているのだろう?


一重かな?二重かな?


こんな風に相手の目を見れば
簡単に緊張を解くことができます。


あなたの好奇心に身を任せ
話をしているので、
変に着飾らなくとも会話が楽しめるし


自然と会話が弾むので
あなたは自然と魅力的な人
映ることでしょう。


二つ目の方法は、
目を見るタイミングを
意識することです。


会話をするときは、
四六時中相手の目を見ている
必要は全くありません。


実はあるタイミングだけ
目を見ればいいのです。


ではそのタイミングとは
一体いつなのでしょうか?


それは
相手が話をしている時です。


相手が話をしている時だけ
相手の目を見ればいいのです。


あなたが話をする時に、
相手の目を見ることは
実はとてつもなく
緊張が付きまといます。


あなたが話している時、


自分はどんな風に思われているかな?


変な風に思われてないかな?


などと意識してしまっては、
そっちにばかり意識がいってしまい
まともな会話なんて
できません。


むしろキョドッてしまい
気持ち悪がられてしまう
恐れすらあります。


これを解消するために
一番手っ取り早いのが
相手が話している時に
目を見ることなのです。


相手が話している時に
相手の目を見ることができれば


私の話をちゃんと聞いてくれているんだ


と相手に安心感を与えることができます。
それと同時に信頼を築き上げることができます。


恋愛において最も大事なのは、
この信頼関係です。


この信頼関係をしっかりと
築き上げることができれば、
そのこと付き合うのも
時間の問題かもしれません。


それでは本日のワークです。
下の画像を見てください。


f:id:aikwill:20170401194239j:plain



この画像を見て、
特徴を3つあげてください。


例)ピンク色。6つある。


なんでも良いので、
3つあげて見てください。


きっとあなたにとって、
新しい発見があるはずです。


今回は以上です。
ありがとうございました。