男だらけの理系学部で彼女いない歴=年齢だった私が、女の子に一切優しくせずにたった一ケ月で彼女ができリア充になれたずるい恋愛法

大学3年の21歳まで彼女が人生で彼女が一人もできたことがありませんでした。友達にはバカにされ後輩になめられ先輩に哀れみの目で見られていたそんな私ですが、あることがきっかけで女の子と出会い、彼女を作ることができました。その秘密をあなただけにお教えします。

女の子との出会いがないなんてありえない.超極秘ツール公開!

んにちは!

愛輝です.

 

 

今回は女の子との出会いについて

記事を書いていきたいと思います.

 

 

f:id:aikwill:20170108233051j:plain

 

 

この記事を読んでいるあなたは,

女子率が1割未満の工学部に通う

出合い難民かと思います.

 

 

私もあなたと同様に,

工学部に通い

女の子との出会いに

飢えていた大学生でした.

 

 

しかも私は高校は男子校で過ごし,

女の子との出会いなど一切なく,

彼女をつくるどころか

女友達すらいませんでした.

 

 

当然,

女の子に対する免疫もなく,

大学に入ってから学科に数少ないながらも

存在している女の子がいても

 

 

怖くて会話することができない.

「あいつきもくな~い?」とか

言われるんじゃないかと,

びくびくしていました.

 

 

もちろんそんなマインドでは,

女の子と話しをすることもできないし,

仲良くなることすらできません.

 

 

きっとこの記事を読んでいるあなたも,

同様に感じていることかと思います.

 

 

それではどうやったら,

女の子と仲良くなれるでしょうか.

 

 

答えは簡単です.

 

 

それは女の子との出会いの数を

増やすことです.

出合いの絶対数を増やして増やして,

女の子になれればよいのです.

 

 

「いや,工学部だし女の子なんていないし~...」

 

 

大丈夫です.

学部に女の子がいないのであれば,

学部外にいる女の子を狙いましょう.

 

 

ここであなただけに,

学外にいる女の子と出会うための

最強のツールを紹介します.

 

 

それはtwitterです.

 

 

なぜtwitterを使うか,

それは大学生の登録者数No.1であり,

大学生が最も閲覧している

SNSだからです.

 

 

あなたも授業中に周りを

見渡してみてください.

 

 

アルゴリズムの構造の授業で,

教授が理論を解説しているときに,

 

 

授業に飽きた学生は,

ほとんど顔を下に向け,

手に何かを持ち

それを見つめています.

 

 

彼らはスマートホンを手に持ち,

パズドラか遊戯王,あるいは

Twitterをしています.

 

 

このtwitter

じつはあまり知られていないのですが,

女の子と出会うにはうってつけの

ツールなのです.

 

 

実は最近,

学生団体と呼ばれるインカレサークルが

大学生を集め飲み会や交流会を

頻繁に開催しているのです.

 

 

これのほとんどが,

東京や関西で開催されていますが,

地方都市でも近年広がっています.

 

 

「俺みたいな地味な学生がいったら浮いちゃうよ~」

と心配しているあなたでも大丈夫です.

 

 

私もチェックシャツを着た地味な大学生で,

行ったら浮いてしまい,

「なんでお前きた??」

みたいな空気になるかと思いきや,,,

 

 

私の考えとは裏腹に,

めちゃめちゃウェルカムムードで

主催者にめちゃくちゃ感謝されてしまいました.

 

 

参加している人は,

大学1年生~4年生まで,

様々な人たちが集まっていて,

男女比も半々.

 

 

なかなかいい条件での

イベントでした.

 

 

イケイケの大学生が殆ど占めているかと

思いきや,

童貞の男子学生や,

地味目の男子学生も結構います.

 

 

女の子も田舎から出てきた,

地味目も女の子も結構いるので,

童貞のあなたでも絶対に,

大丈夫です.

 

 

そこでいい女の子がいなくて,

デートに誘うことができなくても,

全然気にする必要はありません.

 

 

なぜなら今回の目的は,

女の子との出会いの絶対数を増やし,

女の子へ対する免疫を付ける

ためだからです.

 

 

なので気にせずにどんどん

参加しちゃいましょう.

 

 

そんなあなたに,

今すぐにしてほしい事があります.

 

 

それはtwitterを開き,

検索画面で

「大学生 イベント」と

検索することです.

 

 

そうすると

びっくりするくらいの,

学生団体のイベントが

存在していることがわかるはずです.

 

 

今回は以上になります.

最後までありがとうございました!

 

 

愛輝

--------------------------------------------------------------------------------

いつもブログを読んでくださり

ありがとうございます.

恋愛法についてさらに詳しく知りたい方は,

下記サイトもご覧ください.

http://crazyaiki.blogspot.jp/2016/11/blog-post.html